未分類

美白有効成分が大事!手軽に購入出来るシミ取りクリームの選び方

シミ取り用のクリームが欲しいんですけど、どれが良いか分からないんですよね。
美容皮膚科に行けば処方して貰えたりするから、迷わなくて済むのに。
でもシミを消したくてわざわざ病院に行くのも大変ですし…
まあ、処方薬でもクリームを塗る手間は結局必要になるわけだしね。
ええ、だからドラッグストアで手軽に購入出来るシミ取り用のクリームの選び方を教えてください。
分かったわ。じゃあシミ取りクリームを選ぶ際のポイントを解説するわね。
お願いします。

シミ取りクリームで大切なのは配合されている有効成分

シミ取りクリームで大切なのは、他でもないシミに効果のある美白有効成分が配合されていることです。
だからドラッグストアなどでシミ消し目的でクリームを選ぶ際には、どんな有効成分が配合されているのかを確認すること。
そして有効成分が配合されている市販のクリームなら、基本的に医薬部外品になっています。
だから医薬部外品かどうかを確認することも大切です。

配合されている有効成分の種類が多ければ、それだけ様々なシミに効果を発揮してくれることになりますね。
厚生労働省に認められている主な有効成分は、
・アルブチン(ハイドロキノン誘導体)
・安定型ビタミンC誘導体
・ビタミンC誘導体
・トラネキサム酸
・ニコチン酸アミド(ナイアシンアミド)
・コウジ酸
・カモミラET
などがあります。
こういった有効成分が配合されているかチェックすることが、効果のあるシミ取りクリームを選ぶ際のポイントです。

美白有効成分はシミの原因となるメラニンの発生を抑制したり、排出するなどの効果・効能が認められているものばかり。
だからメラニンが原因となっているシミは、市販のシミ取りクリームを塗ることでも薄くなるから病院に行かなくても簡単にケア出来ます。
更にシミやそばかすを防ぐ他にニキビ予防にも効果がある成分もあるなど、美肌全般に嬉しい有効成分もあるのがポイント。
美白有効成分が配合されていれば、シミは気軽に購入出来る医薬部外品でも対応しやすい問題です。

美白有効成分が配合されている医薬部外品か確認すれば、効果のあるシミ取りクリームが簡単に見つかるわ。
有効成分として記載されているから、簡単に確認できるんですね。
強力な効果を求めても処方薬だと肌に合わない可能性もあるから注意が必要なの。

医薬部外品より処方薬?効果が高くても肌に合わない可能性があるから注意

シミ取りクリームを選ぶ際に、どうしても気になるのが効果が高い成分が入っている処方薬ですね。
美容皮膚科などに行くことで、ドラッグストアでは普通に購入出来ないシミ取りクリームを処方して貰えます。
皮膚科での治療については以下のページにて詳しく説明しています。
皮膚科でのシミ取り方法や相場について
だから顔にシミが出た場合など、すぐにでも消したいからと効果の高いシミ取りクリームを求めて病院に行く人も。

ただし、処方薬は医薬部外品とは違って、効果が高くても副作用などの問題があるもの。
何も問題がなくて安全性が高い成分だけならば、普通に購入出来るシミ取りクリームにも配合されています。
取り扱いに注意が必要な成分が入っているからこそ、処方薬には効果が高くてもデメリットがあることを忘れないように。
処方されたシミ取りクリームを使ったために、塗った部分が赤くなるなどの問題が起こる可能性があります。

顔のシミは消えたとしても、同じ部分が赤くなったのでは嬉しくありませんね。
結局はメイクなどで誤魔化さなければならないため、すぐにキレイな肌になると思っても失敗します。
でも医薬部外品なら安全性が高い成分になっているため、こういった心配が少なくて済むから安心です。
処方薬よりは効果を実感するまでに時間がかかるものの、他の肌トラブルで悩まずに済むから手軽さなら医薬部外品がおすすめ。

処方薬のシミ取りクリームは効果の高さが魅力だけど、副作用に注意しないとならないのよ。
使い方にも注意しなければならないから、手軽な方法ではありませんね。
手軽さなら美白クリームを使う方法がおすすめだけどね。

手軽に使える美白クリームでもシミケアはできる

シミ取りクリームの多くは、シミやそばかすが目立つなど気になる部分に塗るためのものです。
使用に注意が必要な処方薬は顔全体に塗れないのは当然ですし、医薬部外品でも部分的に使うものが殆ど。

でも年齢がアラサーになったり30代を過ぎてくると、どこにシミが出てくるか分からないから全体的にケアをしておきたいものですね。
シミが目立ってからシミ取りクリームを塗ったのでは、次々とシミが増えだしたら対応が間に合いません。
だからといってシミ対策に良い食べ物を食べ続けるのは大変ですし、若い頃に紫外線を浴びていれば隠れシミの可能性が高い状態。

そこで目立つシミにはシミ消しクリームがおすすめですが、まだ目立たない時からシミ対策をしておきたいなら美白クリームを使うのがおすすめ。
美白クリームにも医薬部外品があり、当然ですが上で紹介した有効成分が配合されています。
ハクアージュという美白クリームには、
・ハイドロキノン誘導体
・トラネキサム酸
・ビタミンC誘導体
と3種類もの有効成分が入っているのが特徴です。
だからシミ取りクリームとして販売されている商品と比較しても、優れたシミ対策の効果が期待できるほど。
ハクアージュついては以下のページにて詳しく説明しています。
HAQAGEはクリニック品質の美白クリーム
何よりも美白クリームだから、シミ消しクリームと違って顔全体に塗ることが出来るのが嬉しいポイントですね。
まだシミが気にならない部分にも気軽に塗ることが出来ます。
あなたが隠れシミなどの問題に早めの対策をしておきたいなら、シミ取りクリームよりもハクアージュがおすすめです。

目立つシミを消したいときには医薬部外品のシミ取りクリームでも良いのよ。
でも年齢と共に次々とシミが増えだしたら手に負えませんよ。
そうね。だから日頃からシミ対策としてハクアージュを使っておくのがおすすめなのよ。
ハクアージュ公式ページへ移動